複数の借金は一本化した方がいいんでしょうか

よく一本化という言葉を見聞きするのですが、複数の会社(銀行1、消費者金融2)から借り入れをしている身としては魅力も感じつつ、審査が通るだろうかとか、一本にしたらもう借りれなくなるのではないかと考えてしまい、なかなか踏ん切りをつけることができません。そこで考えをまとめるために、一本化をする必要はあるかについて良い点、悪い点の両方からアドバイスをお願いします。

金利差が大きければ一本化も良し、大差がないときは要注意です

まず、今の各社の金利と、一本化しようとしているローンの金利にどれくらいの開きがあるのかを考えましょう。銀行1社、消費者金融2社ということですから、一本化するなら銀行にするのが金利的にも有利でしょう(金利が書かれていないので、相場的に銀行の方が有利という前提です)。金利が下がればそれだけ利息が減るのは言うまでもありません。

問題なのは返済額です。一本にまとめても毎月の返済額を減らしたおかげでなかなか元本が減らず、結果的に損をした(利息を多く払い過ぎた)ということも考えなければいけないですね。今までの毎月の返済総額と同額で一本化後も返済するなら、手間ヒマが省けることもありますし、お薦めできます。

また、一本化するローンのほとんどは仰るとおりカードローンのように繰り返し借りれるものではないことも忘れてはいけませんよね。特に返済を自転車操業でされている方は、一本化後に自分のお給料だけで毎月返済できるのかもよく考えましょう。いづれにしても、いつかは自転車操業から脱出しなければいけないのですが、急にそれをやっていきなり返済不能になった、なんてことにならないように気をつけなければいけないですね。

最後に裏ワザ(?)をひとつ。消費者金融からの借り入れが古くから続いているもの(特に金利が20%以上の期間があったもの)については、一本化した後に過払い返還請求で払いすぎたお金を返還してもらえる可能性もあります。ここで裏ワザと書いたのは、一本化して残高をゼロ、契約を解約してから行なうことに大きな意味があるんです。

ご存知でしょうが、借り入れに関しては個人の信用情報が登録されています。ここで完済して契約を解約すると、信用情報には完済と契約解約の事実が登録されます。そして、その後に過払い返還請求をしても、消費者金融側は信用情報には何も登録ができなくなっています。これが完済前に過払い返還請求を行なってしまうと、信用情報で債務整理または任意整理として「異動情報」が登録されてしまいます。基本的に「異動情報」はよろしくない印象を与える情報で、しかも最長5年は登録が消えません。それらを踏まえて一本化を考えるのも一計ですね。

どうしようもない事態に陥る前にまずは借金一本化を

返済がどうしようもない…という時はどういう時でしょうか。返済をしてもしても金額が膨れてしまう、そういう時はもうどうしようもに時だといえるでしょう。返済をしても何とか元金を減らすことができるのであれば、問題はないと思います。しかし元金を減らすことができないのであれば、もう後は自己破産なり任意整理なりをするしかないと思ったほうがいいでしょう。

しかしそこまで行ってしまえば後はひとつの方法しかないわけで、ある意味わかりやすいと言えます。しかし、そんなレベルまで行ってしまう前に「何となく危ないかな」という状況がやってきます。返済できるにはできるけれども、元金がほとんど減っていないというような状況です。加えて繰り上げ返済もできない状況であればそれはもう借金一本化も考えていたほうがいいと思います。

出来る限り借金一本化は早めに動いたほうがいいかと思います。そもそもなぜ一本化をするかというと、それは借り入れをしているとこが多ければ多いほど、返済回数が多いこと、そして金利返済が多くかかるということです。借り入れしている業者が多いと、その分返済をしても金利にばかり消えていってしまうのです。そうなればいつまでたっても完済することは不可能でしょう。

しかし出来る限り借金一本化を早くからやってしまえば、金利をたくさん払う必要がなくなりますし、月に1回の返済だけでいいので、それに加えて繰り上げ返済をするだけの余裕も生まれてきます。さらに借入金額が多いからということで金利を下げてもらえる可能性もあり、非常に有利になるのです。これで劇的に返済が楽になったという人は少なくありません。

ですので返済が辛い、もうそろそろやばいかもしれない、元金が全然減らないというような人は借金一本化を考えるのがいいでしょう。最近は銀行系カードローンですらも借金一本化の商品を出しているくらいですから、借り換えをするのも簡単でしょう。

借り換えをしやすくなっているので、借金一本化をするならば今だといえます。だらだらと先延ばしにしていると借金を完済するのがどんどん難しくなっていきます。できるだけ早く危ないと思ったら一本化をして、返済を早めていく努力をしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 消費者金融を《借りやすい》で選ぶ!楽々借り入れランキング! All Rights Reserved.